2013年11月11日

11.11

kawachoゎ折った……

折紙の日が待ってる……

でも……

もぅつかれちゃった…

でも……

あきらめるのょくなぃって……

kawachoゎ……

ぉもって……

がんばった……

でも……

指…切って……

イタイょ……

ゴメン……

まにあわなかった……

でも……

kawachoとユニットゎ……

ズッ友だょ……!!

kega.jpg

先月頭に加工機械で指を切って縫いました。痛さよりも怪我をしたショックで失神しそうに。
しばらく不自由な生活を強いられましたが、現在はほとんど治っています。
残念ながら指先の繊細な感覚は戻ってません。あと2ヶ月ぐらいしたら多少は戻る…?

今日はエアー折紙します。
いや、まぁ、折れることは折れるんですが、今ちょうど繁忙期でして。てへ。
あとデジカメが壊れました。残念な写真しかUPできません。ぐへー

折紙と木工を一緒にやってる知り合いは(たぶん)一人しかいないけど、怪我には気をつけてね
手道具も怖いよー


_
posted by kawacho at 11:11| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりのQです。
以前、央ならぬ中ひし形三十面体を作ったもんです。

三年のブランクののちドット絵を『そのべ式』で作るようになってました。初音ミクとかピチューとか。東方キャラもドット絵のデータがあるんで、色さえあればだいたい作れます。(根気次第)
FITシリーズを一通り作ってしまい、新しいものを探してます。
Posted by Q at 2014年07月14日 23:27
改良ユニットとしてS字でFIX(基本のやつ)を作ったらトゲトゲユニットになってしまった。
三分の一ごとにハサミを入れるという邪道ユニットと化してますが。
no.49のやつを組むやつもそれでやったらふにゃふにゃ動きますが作れました。鏡面になるので注意。

アスタリスクを自分でも制作。ほぼ定規を使用。
びっくりするぐらい簡単にできるけど、そこまでに至るのが長かった。
同じようにFIT面バージョンを再構築。手で作るせいか、一つ狂うとえらいことに。前回以上に正確な形に造形になりました。前はとにかく似てればいいや的な雑なもんだった。
こちらでは角度ですが、私のは長さのみで。
ウィキの画像を定規当てながら作図。ポッケット部分に難がありノリは使用する。アスタリスクはハサミで切れ込みを入れるけど、ノリしろ部分がしっかりしているので後半は付けなくても丈夫だと思う。
Posted by Q at 2014年07月14日 23:39
長いので分割してます。

次はピカチューと東風谷早苗のドットを作ろうとしてます。(図面はすでにある)

デジカメでもあれば良かったのですが……。
五本の棒が交差する場面が上手に出来ません。
邪道ユニットのせいか、途中で汚くなることが多いです。
定規を当ててマイナスドライバーで薄く線を引くようなやつは居ないでしょう?(そうすると曲げやすくなる)

では、連投失礼しました。
Posted by Q at 2014年07月15日 00:06
どうもご無沙汰してます。
まさかここにコメントをする方がいらっしゃるとは…返事が遅くなってすみません。

切込みを入れて交差するユニットにしているのですね?No.49の構造を作ろうとすると結構厄介な比率になると思いますが、1/3で作れてしまうのですか…
アスタリスクユニットの比率は五芒星と同じなので、こちらのほうが楽に作れそうです。

そのべ式ユニットではなく織り紙でドット絵をmiyabi君が作っていました。
「おりがみ新世代」の「作品発表板」の最後のページから遡ると6作品載ってます。
ご参考までに。
Posted by kawacho at 2014年07月26日 04:13
立体か……。それで失敗したから新たに作り直したっけ。
使う紙は1.5センチ。切り出すのが大変。
普通の折り紙なら一枚で百枚切り出す計算(標準15センチの場合)
端は中に折り込みます。使うのは『裏』です。(正方形の色として見るので)
これ以上小さくするとものすごいストレスになる。
それで初音ミク(デフォルメではない方)で1.5メートルになった。
グラデーションに使える色が足りなくて苦労した。
普通のアイコンなら50センチほどが標準サイズ。1ピクセルが5ミリという計算ね。(そのべ式は完成サイズが3分の1になる)

切れ込みにすると楽なので邪道っすよね。
ちゃんとした折り方がわかっても綺麗に出来るかは……。
正八面体のスケルトンの5つ合わせ。あれ、棒が5つ交差する部分、絶対無理じゃないかな。絵ではわからないけど、ぶつかる構造になってて本来は綺麗に組めない気がする。角度的に無理があるように感じた。そこだけつぶれる。むりやり作ったけどさ。

私はアレンジ型だと思うし、それでも素敵な幾何学作品は大好きなので、これからも作ってください。
ただ、ユニットの折り方が乗ってるサイトがほとんど無いので邪道になるっす。
普通の折り紙はあんま作らないですね。なんか、竜とかあるけど紙をこねているようでぐしゃぐしゃするのキライです。ビシっとした幾何学がいいです。
ながながと失礼しました。
Posted by Q at 2014年08月01日 00:21
3分の1の切れ込み。
普通に両側から折りたたんだところ。


|  | |←中の棒部分をカット。
−−−−−−
| |  |←うまく表現できているか不明だけど。
普通に折ったあと、互い違いに垂直に切れ込みを入れることですね。(V字カットはしない(笑))
で、S字は切った反対部分を45度の中折りにする。(この表現で通じるかは不明)

そうすると『たわまず』くの字にすることが出来る。たわむとおかしくなるので切りました。


↑実際はSっぽくなる。
標準FIT(スケルトン)の初期段階で『ゆがんだ三角錐』になるはずです。または『ねじれた』
アレンジしだいでは鋭角的な作品も可能かも。(二等辺三角形とか)ただ、FIT感が無くなりそう。
Posted by Q at 2014年08月01日 00:36
邪道と正道の違いは人によって違うと思います。
私は主に「パーツをいかに効率よく、かつ精確に設計するか」に重点を置いていますので、切り込み以外ない様な場合は切り込みを入れると思います。
加えて、設計上で誤差を限りなく取り除けても、実際に折ると誤差が集積する場合は、展開図を印刷し、その線に沿って折ります。これも1枚1枚ちゃんと折る人からしたら邪道になるかと。

正八面体5つ組の交差部については、以前3DCADを用いて作図してみたところ、かなり急な角度(たしか20度以下)になりますが干渉は回避できたと思います。

S字ユニットの構造、なんとなく理解できました。
Posted by kawacho at 2014年08月04日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック