2007年10月03日

やっと描けた

ずーーーーーっと作品No.1『jamstar』の3DCGが描けずにいたけれど、やっと描けた。
ロバートJラングさんが作ったVRMLもあるけれど、これはその鏡像。
自分が作ってるのは全部こっちの回転軸。


必要に迫られて描いたので、頭フル回転でツール駆使し、使ったこと無いツールも使い、発想の転換を幾度も。
そして反復作業を果てしなく。
果てしなく…。
今日一日これで終わった気がする。

↓ 『jamstar』のVRML なんと1.72KBしかない。
ぐるぐる回したり拡大して遊べます。



VRMLデータの表示方法

WinユーザーはこちらのページからVRML用プラグインを。

MacユーザーはこちらのページからVRML用プラグインを。
posted by kawacho at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

今頃だけど

作品No.1『jamstar』の作図をしてる。

手持ちのCADでは角度が測れないので今まで手付かずだったけれども、
BPT-proのおかげで角度が測れた。
今まではCADで作図して、イラストレーター形式で保存、
線分の長さから三角関数を使って角度を求めたり、面倒な時は最大限に拡大して
ディスプレイに分度器をあてる
なんていう、奥の手を使っていたけれど、そんな前時代的な作業ともさようなら
(これでも元理数系)

あ、実際にそれで作ろうとした、作ったユニットもいくつか。
作品No.35『Five Intersecting Tetrahedra』も行き詰まった時に、ディスプレイに分度器あててた。
まぁ結局はメッシュ図を利用して誤差0の折り図が出来たけれども。


んで、今作図しているのは『jamstar』の辺の長さと太さの関係。
作った時は完全にアナログで、辺の比率をいくつも作って、10〜30枚ずつ折っては組み立てて、の繰り返し。
ちょっと太いと思ったら細くし、細いと思ったらちょっと太くして、という地道な作業。
200枚以上紙ゴミ出したなぁ…

結局、ユニットの角度は120°で落ち着いた。
あらためて作図してみたら、下の図(トリミング済み)になった。
図の一部をトリミング。
水色の部分が紙が入る余裕のある領域。
重要なのは菱形の上の角度。
限界値は121.787°で、ほぼそれに近い数値で折ってる。

とは言っても作図したものが正確とは限らないので、双手を上げては喜べない…
大本が融通の利かないCADだから…
かといって、何が正解かっていうのは判らないからなぁ。
求め方自体は間違っていないと思うのだけれど。


似たようなユニットを作るときの数値の裏付けぐらいには役立ちそう。
ていうかそれの為に作図していたのだけれども。
うまく折れたらUP、うまく出来なかったら何も書かないっていう方針で。


そろそろ竹尾に紙を取りに行く準備をしよう。
posted by kawacho at 10:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

むむ、、

ununit.jpg

作品No.1『jamstar』の改造をしていのだけれども、どうにもこうにも…

jamstarの外側に倍のサイズのjamstarを組み立てようとしたけれど、かなり厳しい。

外側のjamstarの紙幅も倍にしたら内側が見えなくなるけど、内側と同じ太さで作ると安定しない。

ペパクラ版じゃないと組めないのかもしれない。
ラベル:ユニット
posted by kawacho at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

制作雑記1追記

拙作『jamstar』ですが、やはりロバートJラングさんも作ってました。

ただ、構造は全く同じでも、ユニット単体が違うので別扱い。

ラングさんのユニットが直角なのに対して、自分のは120度でした。

もちろん紙の比率も違いました。

(全く同じだったら洒落にならない;)

5月に本人に会ってリアクションを楽しもうと思います。

英語話せませんが……
posted by kawacho at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

には(1-8)

一段落ついたけれど、まだまだアイディア出しで止まっているユニット折紙があるので、そいつらも蹴りつけちゃおう。
折紙仲間の情報によると、ラングさんが多多面体(PolyPolyHedron)の系統を全てまとめて発表しているとのこと。
ただ、ラングさんは理論で終わらせてしまう事もあるので、それに期待しよう。


というわけで結果報告待ち。
気分は受験生です。




-----------------------------
不安で堪らないのでPHSでGoogle検索してみた。
10数件しか見てないけれど、ラングさんは交錯星はまだ作っていないみたい。
つか54種類(あんま確じゃない)ある多多面体のうち、実際に作られたのは7種類しかないんじゃないか?と思う。
見たことあるモデルが少ない。
ただ単に知らないだけかもしれないけどね。
理論だけで実際に作らないのは何だか癪に障るので、春休み中に5種類ぐらい組み立てる!!
非理数系ユニッターの底力とくと見よ!!
posted by kawacho at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

公開【3月5日写真差し換え】(1-7)

060304_1806kawacho.jpg


写真だと判りづらいですね。
タイトルはjamstar。

30:7の紙を30枚使用。

やはりラングさんが作っていそうなので確認中です。
ラベル:ユニット
posted by kawacho at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制作雑記(1-6折紙話)

発色が微妙なDELETERのCOLORpaperで三つ目完成。
生ぬるい色だ。

正攻法で組み立てたら意外と早く組みあげられた。
なんか負けた気分。
前作の反省を踏まえて6色verと10色ver作った。
次はどうしよう?
1・2・3・5・6・10・15・30が出来るけど、15も30もカラバリのある折りやすくて発色の手頃な紙がない。
構造で考えたら今の以外の配色は不可能ぽい。
出来るっちゃあ出来る。
でも形が判りづらくなりそう。

サーバス(ダブルトレペ?)並に厚い特殊紙でも作れるから世界堂で探してみよう。
例会には間に合わないけどまあ良いや。


…作品いじってたら新しいアイディアが出てきた(´ω`;)

折るしか。
今度は60枚組かな?
90枚組だったら寝よう。
posted by kawacho at 02:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

組み木細工?(1-5折紙話)

なんだか見た目で構造判るけど、どうやって組み立てたら良いのか全く判らない素敵な立体パズルが出来た。
出来たけれど、問題はどうやって水道橋まで無事に運ぶか。
平面ならね、潰せるけど。
はっ!!Σ(@Δ@;)潰せるユニット!?
じゃなくて、今から見栄えのするパッケージ作るか…段ボール箱だとナンだし。

さ、今日もまだまだ長いぞ。
posted by kawacho at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出来たああああああ!!!!(1-4折紙話)

配色ミスったああああ!!!!

あーあ。

完成したから良しとしようかね。
過去の機関誌調べても載っていなかったけどやっぱり誰か作っていそうな悪感。
川村さんとクワンさんが作っていなければ良いけれど…


1日から構想練ってギリギリ完成。
前の『コンペイトウ』も2日ぐらいで完成させたような気がする。

極短期廃集中型で新作を作ってるね。

明日、例会で発表するから写真はまだ出さないけど

タイトルは『JamStar』か『Gemini』で決まりそう。

1つ作るのに約二時間半だからあと2つぐらい作ろうかな。
今後作る機会あんまないだろうし、なにより面倒なので折りたくな…
Σ(@_@;)


写真は明日の夜!!
posted by kawacho at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

発想の巴投げ(1-3折紙話)

先に作った模型をいじくり、ふとしたキッカケで鳥肌立つぐらいの発想が舞い降りてきた。

20・12面体がベースだけど使用パーツを半分にし、尚且つ面倒な角度計算やねじれを気にすることなく組み立て可能。

に なりそうな予感(´ω`).。o○
ただし、構造がラングさんのK2よりも面倒な事になりそうなのと、既に多面体マニアが作っていそうな悪感。

まだケント紙の試作段階。
今から朝までかけて完成させるぞ。
posted by kawacho at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

噂のアイツ(1-2折紙話)

20-10.jpg
とりあえず20・12面体の模型完成。
辺だけで構成すると強度不足、自重で潰れてしまうので10角形の板を六枚組み合わせて作った。
なかなかスッキリしてて好き。
組むのが若干難しいだけで失敗なくいけた。
これ作る前に辺で構成した試作品は今ゴミ箱に。
最初からこれでやれば良かった…

で、これをゴニョゴニョしてゴニョゴニョして折紙で表現するのが今回の新作になる予定。


タイムリミットは明後日。
posted by kawacho at 16:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いい加減

!某所からの転載です 内容はほとんど気にしないで下さいね。!


好い加減は良い加減です。

さすがに放置するのにも限界かと。
新作折紙の創作が行き詰まっているとも言いますが。


強制バトン
ここを開け。
posted by kawacho at 03:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記1 -『jamstar』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする