2006年08月09日

制作雑記21-2 ぐるん

060809_1934.jpg060809_1928.jpg060809_1926~001.jpg

セパタクロー(暫定)の目玉とも言うべきギミック。
ユニットの色が違うのはこいつがプロトタイプだから。
でもそのまま完成しちゃった。

◆写真一枚目
基本形態。

◆写真二枚目
全部伸ばした。
実は全部伸ばす必要ないけど、出来心でつい…
ぐちゃぐちゃしてるけど、構造は正十二面体。
一つの穴からフレームを全て引きずり出す。

◆写真三枚目
綺麗に畳み直すとこんな感じ。
ちょっと気持悪い。


糊付けをしているけれど、完全なリバーシブルユニットは多分ない…はず。
裏でも表でも組めるユニットは2、3年ぐらい前に作ったかな…

紙だから仕方ないけど、あんまりいじってるとガタガタしはじめて安定しなくなる。


2日前に新作作るのもどうかと思うけど、まあ、思い立ったら吉日。
コンベンションに持って行きますよ!!


私信:池上さん、リバーシブルユニット出来ましたよ!!!!
ラベル:ユニット
posted by kawacho at 23:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 制作雑記21 -『Sepak takraw』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制作雑記21-1

060809_2139~001.jpg060809_2205.jpg060809_2220~001.jpg

あまりにも夢中に作ったので記録少ない。
H.Hamanakaさんのサイトのトップ画像の多面体をユニット化。
少し前に見てからユニット化しようと企んでいた。
展示作品が一息ついたので一気に設計。

紙は13:5の紙を30枚使用。
20枚までは紙が足りないんじゃないかと思うけれど、残りの10枚で一気に仕上がる。
いまだかつてないほど柔軟な構造なので、素敵な変形をする。
変形を考えなければ糊なしで自立可能。

名前はセパタクロー(暫定)
セパタクローのボールは180面体だっけかな。
ラベル:ユニット
posted by kawacho at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 制作雑記21 -『Sepak takraw』- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする