2006年12月27日

制作雑記(燃え尽きた)

061225_2115.jpg061226_0302.jpg061227_0415~001.jpg



写真一枚目:ベースになる最少単位。三角柱4本交差。(これだけでも充分綺麗)

写真二枚目:三角柱を足していく。

写真三枚目:完成っ!!

23日から試行錯誤暗中模索紆余曲折切磋琢磨睡眠不足を重ねて何とかカタチになってくれた。4日間で50時間ぐらいコイツをいじくってた。なかば意地。その甲斐あって自作ユニットの中でベスト3に入る達成感。コスモスフィアのパーツ全部折った時よりもやりきった感が強い。(コスモスフィアはまだ組み立てていない…)

構造の説明:
三角柱が28本交差した形態。それぞれの三角柱は面で接する事なく点と辺で支えあって独立している。基本構造(写真一枚目)が空間充填するので、いくらでも拡張可能。最少単位が4本(36枚)で、次(写真三枚目)が28本(252枚)、その次は76本(684枚)、148本(1332枚)、244本(2196枚)、364本(3276枚)…バカ正直に作ればそうなるけど、252枚以上は絶対に折らない。
ユニット自体かなり自由に長さを調節出来るから、例えばどれか1本を長くしてその先にもう1つ252本の構造を繋げる事も出来る。4方向に長くしてニューロンみたいにどんどん繋げるのも可能……今回はユニットの長さを限界まで短くして隙間なく交差させた。(そのせいで2回も作り直した)

三角柱4本交差がシンプルで綺麗だけれども、パズルユニットのリクエストを受けていたのでここまでやってみた。4本交差はあんまりにも簡単だからーって思って次の段階にしたら…いやー、酷い酷い。完成品眺めてたら必要な紙の比率が楽に出せそうだなー。CAD使えば一瞬で出そう。


作りたいという酔狂な方はどうぞ睨み折りして下さい(笑)手計算で1から作ると…もれなく私と同じ苦痛が味わえますよ。JIGと呼ばれる補助構造作るのに15時間ぐらい費やして、結局それが不要だったので、必要な紙の比率さえ判ってしまえば10時間以内で作れるやも。糊で固定しながらでないと永久に組み立てられませんが、最後のあたりで落とし穴が…隙間なし構造で作らなければかなり楽に進められます。

1月の例会に持って行く予定。


雑記が長すぎだ。疲れたので寝よう。

2006年12月26日

制作雑記(悪夢再び?)

ダニエル・クワン氏に基本構造を3年前にやられていたけれど、三角柱ユニットの中では一番拡張できる構造なので、徹底的に詰めてみる。つーか彼は何者だ。幾何学の申し子か!?



組めないっ!!きついっ!!
無理矢理やるしかないのかなあ。前回より4mmも余裕を持たせたのに。理論値がアテにならないのはちょっと困る。あー、面倒でもペパクラで試作するんだった…ラフ試算の数値にどんどん近付いていくのは複雑な心境。最初からこれでやれば二度も悲劇に逢わずに済んだ…かもね。

一応進めてみよう。


現在 144/252枚

ぎゃあああああ

やられていた…………やっぱり…


http://www.creased.com/images/ousaconvention/2003/unknown3l.jpg
やるな!Daniel Kwan!!


Jeannine Moselyさんにもやられていた。
http://www.creased.com/images/ousaconvention/2003/abstractmodular.jpg

怖いよー怖いよー

でも折り続けますよ。

2006年12月25日

制作雑記(素材)

061225_2121.jpg061225_2124.jpg061225_2124~001.jpg


写真全然UPしてなかった。三角柱ユニットは今のところかなり気に入っている作品なので、完成するまでも少し内緒に。構造が簡単すぎるから絶対多くのユニット創作家が作っているはずだけども、無知無学な自分は見たことない。
折紙関係の方で見たことあるよーetc情報がありましたら書き込みよろしくお願いします。

で、写真。
普段ユニットの制作にはTochimanのグラフ用紙を彩色しているけど、見事に撃沈(設計ミス)したので自棄になって本折り。サムトレのシルバーにコピック彩色。写真じゃ伝わらない艶と深みが生まれて良い感じ。こういうパッケージのお菓子あったような気がする。フランだっけかな?
必要な252枚の矩形を取り出すのにA4が16枚必要…サムトレシルバー一枚あたり70円…グラフ用紙7円…普通のおりがみ用紙は0.5円程度…失敗出来ないなこりゃ。
ラベル:

制作雑記(もしかして)

…126枚組んだところでこれ以上組むのが無理になったorz
若干の余裕を見ながら設計したけど、予想以上にシビアな構造だ。気を取り直して1から作り直そう。まだたったの126枚だし。たったの…たったの……


/ ̄\
[紙屋] λ......

制作雑記(意外と簡単)

三角柱ユニット、意外と簡単に作れる事が判明。正攻法では組めないとはやとちりし、もんんんの凄く遠回りして7時間ぐらい無駄にしてた。悲しいぐらいサクサク組めるよサンタさん。
組むのは簡単だけど折るのは多少面倒。

根気・体力・やる気よりも、燃料(紙)が尽きた…朝起きて靴下に紙が入ってなかったら、お昼ぐらいに買いに行かなきゃ。


現在 81/252枚

2006年12月24日

制作雑記(組めるのか?)

…今の三角柱ユニット、矩形を252枚も使うのか。半端な数字だ。

制作雑記with頭痛

先の三角柱ユニット、改良というか、改悪しているのだけれども、難しさが比にならない程のユニットになりつつある…
タチが悪い、おぞましい、再現性が限りなく低い、ユニット折紙で作る意味があるのか、とにもかくにも面倒でたまらない。
作ってる自分がそう思っちゃうんだからどうしようもない。どう考えても改悪ですね。明日丸一日いじくってみるつもりだけど、…年内に完成するかなぁ。

無駄に酷い頭痛がしてきたので寝ます。

2006年12月23日

久々の制作雑記

061223_2046~001.jpg061223_2047.jpg061223_2047~002.jpg


ダニエル・クワン氏の影響を受けて制作。あそびをせんとやさんもペパクラで作っていた形態。日詰氏の六匂の作り方を応用したら簡単に組上がった。

水色の柱だけ閉じた柱にして全体がバラけないようにしている。他の柱も閉じればかなり安定した形になる。

組み方はいくつかあると思うけど、木製のパズルより遥かに難しい。高レベルのフラストレーションユニット。何せ、作った本人が二度と作りたくない。裏技使えばストレスなく組めるけど、正攻法だと組める気がしない。

一応構造の説明
三角柱が4本(12本)組み合わさった構造。組み木パズルでよくある。
紙18枚使用、今のところ糊不使用。かなり脆いので水色の柱だけでも糊付けしようかな。それぞれの柱は固定されていなくて自由に動く。だから手荒に扱うと一気に崩壊しちゃう。

正八面体ベースなのでトラス構造も作れるかもしれない。根気と紙さえあれば挑戦してみたい。柱の長さは長い分にはいくらでも延長できる。ペパクラで作ってみよう。
ラベル:ユニット

2006年12月22日

如何お過ごしでしょうか

南瓜を食べ、ゆず湯に入った人がどのくらいいるのか判りませんが、暦では冬至です。人間がいくら頑張っても変えられない数少ない暦、春分・夏至・秋分・冬至。ハッピーマンデー法なんて愚の骨頂。東京では生憎の天気で日没は見えなかった。

地球の自転を感じながらキャンドルともしたゆず湯に入ってホカホカ。長い夜は紙をいじって過ごそう。3回折るだけのユニットが完成しそう。ただし組むのは異常に難し。自分も組めない。このままだとペパクラになってしまうので改良しなきゃ。

皮膚科行って薬処方してもらった。空気の乾燥、液体石鹸の混ぜもの、デリケートすぎな皮膚、発汗の不具合、etcが原因みたい。個人的にはストレスが一番の原因。しばらく様子見る事に。

2006年12月20日

近況

061218_1205.jpg


↑やっと1つ出た。


昨日:一般常識模試の後にゼミで話し合い。何故かプチ忘年会勃発。そのまま宅飲み+ぷよぷよ・テトリス大会になる。3時になって寝ようとし、ソファに横になって布団を借りたまさにその次の瞬間……!!劇症アレルギーが出た…orz 眼球が猛烈に痒くなって、勝手に涙が溢れ…1時間ぐらい生き地獄を味わう。尋常じゃないハウスダスト、布団干してる時に猫がその上にいた、新たに開拓された花粉アレルギー、ソファが果てしなく汚い、のうちどれか。症状が落ち着いたところで床に寝転がってコート掛けて仮眠。床固い冷たい…夏なら気持ち良さそうだけどね。うん。6時から目が覚めて寝られず。30分だけベッドを借りて仮眠。飯食って大学へ。
意識朦朧状態で打ち合わせ。現場視察に学外に出かけてそのままSPI模試を受けてみる。…意地悪な問題多いな。数学系はパズル感覚、物理系はギャンブル!!………orz 体調管理はしっかりね☆
体調万全でも解くのに時間少ないよこれ。



デジカメで夕陽撮ったらCCDセンサが逝ったような写り。画面の特定の場所が落ちてる。レンズにはホコリも汚れもない。…orz

明日は朝から夜まで高崎に。19時頃戻って来てアトリエ面子で忘年会。
明後日は来年のキャンドルナイトの打ち合わせ@原宿
その次は都心散策かな。展示見るのとイルミネーションの採集。あ、デジカメどうにかしなきゃ…


ダニエル・クワン氏のユニットの再現は失敗。紙の比率を変えてリトライしなきゃ。CADソフトとまともに3D書き出せるハードさえあれば…


そんなかんなで充実している。そろそろ来年の手帳を用意しよう。

2006年12月10日

思わず叫んだ+告知

日詰明男さんの論文集「音楽の建築」を少しずつ読んでいるのだけれども、ダニエル・クワン氏のどうやって組んだのか判らなかったユニットは六匂・十匂の構造だったのね。やつは本当に高校生なのか。
構造さえ判ってしまえば再現出来るはず、というわけで月曜から始まるゼミ展の準備を放棄しt…


一応、告知
[武蔵野美術大学 空間演出デザイン学科 3年ゼミ展示]
9号館Webスペース及び12号館地下小展示室に於いて空デ3年のゼミ発表がありますよ。インテリア、セノグラフィ、ファッション、照明の10ゼミ紹介。課題の一部が展示してあります。期間は11日〜14日、10:00〜17:00(最終日は12時まで)自分のゼミは面出ゼミ(照明計画)です。9号館地下展示室で開催中の「新正卓写真展」の照明計画もしました。そちらも是非。

ちなみにゼミ展示で折紙作品の展示は ございません。
悪しからず。