2007年04月13日

そういえば

制作雑記-五方12面体のタイトル決めてませんでした。

某所でキャベツっぽいーと言われましたが、色が違うと傷んだキャベツっぽくなってしまうので別の名前を探すことに。

なんとなく蕾っぽいので探してみたら「アーティチョーク」がイメージに近い感じ。

アーティチョークっていうとPoul Henningsen氏(louis poulsen 社)がデザインした照明器具「PH ARTICHOKE」があまりにも有名なので気が引けますが…

照明器具の詳細は こちら

本物(植物)のアーティチョークの詳細は こちら

2007年04月11日

制作雑記‐五方12面体‐2

070411_1815.jpg070411_2245.jpg

特に問題なく完成。雷鳴った時は何が起きたのかと焦ったけれども。

五方12面体。凧形60面体にも見えるけれども、全く別物。

理由もなく3色問題配色にしてみたり。気が付かないうちに対称性がうまれてた。この構造だと必ずそうなるのかな?

ユニットの作り方は拙作「マスクメロン」と似ている。完成度はマスクメロンの方が上…

約2:3の矩形紙を30枚使用、接着剤不使用。(手荒に扱うと崩壊する)

制作雑記‐五方12面体‐1

070411_1649.jpg
昨日はキャンドルナイトのmtg。

朝起きたら双対多面体を折りたくなったので(酷い理由だ)、イラストレーターで作図してペパクラ化。ある程度見栄えのする大きさでーと誤差の少ない紙から作ったら直径が20cmを越えそうなので中止(計画性のなさがこういう結果を)。

余った紙でユニット版を考えたらうまくいきそう。

五方12面体は正十二面体の各面の中心を少し持ち上げたような多面体。3年前期末の課題で直径3mの半球を建てる時に使った。二度と作りたくないと思っていたけれど、ユニットなら話は別。
タグ:五方12面体