2007年10月15日

ユニット完成〜〜

画像が多いのでサムネイルでいきます。
クリックで拡大、別窓で開きます。

071014_0228.jpg
紙はおなじみのクロマティコ。
色は6色。T目で長方形にカット。


071014_1705.jpg
いきなり10枚組んだ状態。
当たり前だけどガタガタする。



071014_2106.jpg
40枚組んだ状態。
結構安定してくる。


071014_2200.jpg
50枚組んだ状態。
もうほとんどガタガタしない。


30IR.jpg
60枚組んで完成〜〜
もうガタガタしない。

30の直方体の枠が交差して自立してる。
パーツは『DELTA』の角度を変えただけ。
長方形の紙を60枚使用、接着剤不要。

まだ気の利いた作品名が思い浮かばないので、
30 Intersecting Rectangle 略して「30IR」。
F.I.Tと同じ発想だけど、なんかイマイチ。
「QUINTET」も考えたんだけど、5本×6色=30で6も入ってくるからちょっと使いづらい。

日本で同じような作品を見た覚えがないんだけれど、海外だと先行作品がありそう。
多々面体のページを少し見てみた感じだと似たようなのは無い様子。
類似、先行作品を見つけた場合はコメントお願いしますー


写真だけだと構造が判りづらいと思うので、VRMLも掲載。
ちょっと発色が違うけれど、写真とVRMLの色は対応してる。


VRMLデータの表示方法

WinユーザーはこちらのページからVRML用プラグインを。

MacユーザーはこちらのページからVRML用プラグインを。

ついでに制作の流れも。

まだVRMLが未掲載だった『五角水晶ユニット』のデータを弄っていた。
(五角水晶ユニットのVRMLは次の記事に掲載予定。)
『jamstar』『DELTA』にした時と同じ操作が出来ないかなぁと。
干渉部分を回避したり、別のアイディアを持ち込んだりして作図が完了。
神懸かっていると思えるほど綺麗にまとまってくれた。
そうしたら後は実際に折るのみ。
ペパクラで試作してから作ろうか一瞬迷ったけれど、最初から本折りする事に。
そしてほとんど問題なく一発で完成。
次に折るときに1mm程、紙の長さを変えれば完璧。

『jamstar』の頃と比べたら遙かに試作時間が減ったけれど、ドキドキ感が無くなって少し寂しい。
紙を触りながらの試行錯誤する時間が少なくなった。
でもそれは構造を考える段階の話で、そこからどうやってユニット化するかーというのはまだまだ時間がかかる。
今回はユニットの構造が基本的に『DELTA』と同じだったため、かなり早く完成した。

そんな感じで。

2007年10月13日

作図完了

ふぅ。

WS000148.JPG
(うわ、画質ひどいなこりゃ…)

後は折れるようにユニットを設計するのみ。
全部で60枚かなー

「DELTA」のDoubleLayer、おりがみ新世代用のユニットが未完成。
その他いろいろ中途半端で進行中。


私信:15日までに決めますので、も少しお待ちをー!

2007年10月11日

あれれ

なにやら楽しそうな状況が見えてきちゃった。

WS000145.JPG
ちょうど画像の真ん中あたりで干渉がおきてる。
これ以上細く出来ないパーツで、現状だとユニットに出来ない。

うーむ。うまく行くと思ったのだけれども。
とりあえず別の方法で回避出来そうなので、それを試してから寝よう。

久しぶりにヒットの予感

まだ作図の途中なんだけど、これは久しぶりに来た感触がある。

WS000144.JPG

今週はバタバタしちゃうので完成は早くても来週…
(おりがみ新世代の9月のお題「葉」用の新作も折りかけで放置しっぱなし…)
VRMLを先に載せちゃうと折欲度が下がるので、ユニット折り上がるまではUPしないという事で。

水晶ユニットの先端部分、結局いじらないで進める事になりそう。