2008年07月31日

ありのまま

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!


先の「5^2 Intersecting Tetrahedra」の作図がいい加減だったから、夕飯食べた後に作図し直してみた。
面と面が交差する点をつなぎ合わせて云々、作業はいつも通り。
必要な作図を終え、線分の長さを計測し、illustratorでユニット単体の展開図を描いた。
最後に辺の比率を弾き出したんだ。

ぽちっとな

ぽちっとな

2008年07月30日

かなり判りづらい。

先週から作っていたユニットの続報。
というかコレを作るために「Five Intersecting Tetrapod(仮称)」を作った。

写真1枚目:普通の「Five Intersecting Tetrahedra」 Tom Hull氏のです。

fit.jpg


写真2枚目:「Five Intersecting Tetrahedra」を「Five Intersecting Tetrapod(仮称)」で包んじゃいました。
f^2it01.jpg


元々のF.I.Tは文字通り正四面体が5個。
この合成F.I.Tは正四面体が25個組み合わさっている。
タイトルを「Twentyfive Intersecting Tetrahedra」にするのはスマートではないので

fit-f2it.png
にしようと思ってる。



写真だとかなり判りづらいですが、中にちゃんとF.I.T入ってます。
東京コンベンションで展示するつもりなので、その時にまじまじと見て下さいなー




今日やっとマガジン届いた…