2013年10月15日

今更になって

絶好調で折ってないです。
というか折れないです。


アスタリスクユニットのパーツ、比率の再計算してみたら、間違ってた。
1:3の紙じゃなくて、1:3.02の比率から折らなきゃ黄金比に近くならない。

OMG


2連アスタリスクユニットがどうも組みづらいと思ったら、原因はここにあったようだ。
正確な比率を折ろうとすると、元の用紙がとても嫌な比率になるぞ。
どうしよう。どうにもならない。




_
posted by kawacho at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

近況

生きてます。
折ってないです。
折れてないです。

もうちっとだけ続くんじゃ
posted by kawacho at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

4.1

時代は1枚組のユニット。




_
posted by kawacho at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月05日

中菱形三十面体

実は先週末に出来てた。
その後、丸一日3DCADと睨めっこし、その全てが無駄になったので更新する意欲が失せt……

中菱形三十面体(Medial Rhombic Triacontahedron)はシンプルに組めた。

mrt01s.jpg

mrt02s.jpg


mrt_and_emrt00s.jpg
前作との比較。
同じ配色にしてある。
形状の問題で同じようなアングルで撮影できない。

パーツ作り、組み立て共にとても簡単。
ASTERISKユニットの接続角度をちょっと変えただけ。
1単位での組み立て方は折り図集の分で全部かと思ったら、そうじゃなかった。
悔しい。

ダラダラ作って10時間以下かな?
前作の組み立てが凶悪過ぎた。
鈍角の頂点が外れやすいので、接着剤推奨。

------------------
1:3の不切矩形60枚使用
接着剤 推奨
紙はカラーコピー用紙
------------------
60 units
Designer: Kawashima Hideaki
Folder: Kawashima Hideaki
Paper: colorpaper
glue: no (recommendation)
Units size: 1:3
Diagram, Crease pattern = N/N
------------------

あともう1パターン中菱形三十面体で作れる。
それは1:10の紙から作らなきゃならないので保留するかも。


CGで済ませるかも。
_
posted by kawacho at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

写真とデータ

中菱形三十面体の延長 (Extended Medial Rhombic Triacontahedron???)

emrt01s.jpg
emrt03s.jpg
emrt02s.jpg

ポケットの角度が整数の三角比で作れるのでかなり楽。
ASTERISKユニット全般に言えるのは、後半になるにつれて編み物に近くなる事。
のんびり折って組んで15時間ぐらいかかった。
小田原で手に入る、薄くて安い紙を探したらカラーコピー用紙しかなかった。
なので仕上がりがちょっと残念。
次に作る事があったら、里紙を使ってもう少し大きくしよう。

------------------
1:5の不切矩形60枚使用
接着剤不使用
紙はカラーコピー用紙
------------------
60 units
Designer: Kawashima Hideaki
Folder: Kawashima Hideaki
Paper: colorpaper
glue: no
Units size: 1:5
Diagram, Crease pattern = N/N
------------------

通常の中菱形三十面体も進行中です。
posted by kawacho at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月24日

ひとまず完成。

ASTERISK6.PNG

菱形三十面体をいじくると中菱形三十面体(Medial Rhombic Triacontahedron)が得られ、それの辺を延長して繋げた形が上の図です。
適当に名前を付けると、中菱形三十面体の延長(Extended Medial Rhombic Triacontahedron???)でしょうか。
中菱形三十面体の詳しい説明はこちら(要:Java)に任せます。
日本語で詳しいサイトが見つかりませんでした。

完成が夜になってしまったので、写真は明日朝に。
更新は明日夜あたりに。

あれ、もしかして中菱形三十面体もASTERISKユニットで作れるんじゃない…?
簡単に作れそうだ。なんで先に難しいのを作ったんだろう。

そいえば昔この形を折った覚えがある。
作品No.26 央菱形三十面体だ。
名前間違えていたか。
央じゃなくて中が正解だ。
修正せねば。

wikiのWenningerモデル、日本語版できないかなー
posted by kawacho at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする